製品名

フラット型 振動式レベルスイッチ

型式

非防爆 DTA-F型本質安全防爆 STA-F型

製品
特徴

タンク内部に突出がなく、検出部が完全一体構造、汚れが付着しにくく食品・薬品などのサニタリーにも最適なレベルスイッチ

概要

タンク内部に突出せずに利用できるという利点は静電容量式レベルスイッチのフラットタイプと同じですが、シール溶接構造のため安全性が高く、容易にメンテナンスできるという特徴が フラット型振動式レベルスイッチ にはあり、食品、薬品などのサニタリーにも最適な製品です。

フラット型振動式レベルスイッチの取付参考図
構造

振動板は円筒胴の円盤に溶接されており、接液部全体が完全溶接構造です。 駆動方式は当社独自のマグネットバイアスによるコイル駆動方式を採用しており 圧電素子式に比較し許容圧力、耐熱温度共に高く、振動効率が良いため 高感度が得られるという利点があります。

動作
原理

振動板に磁気駆動にて振動を与え、振動板が粉粒体や液体に埋まると振幅が抑制され ついには振動が停止します。これを接点信号として出力します。

測定
対象

常温型と高温型があり、常温型には汎用タイプと粉粒体専用タイプがあります。

汎用タイプ


液、粉粒体、スラリー等、多様な測定物に幅広くご使用頂けます。

粉粒体専用タイプ


液体を検知しないので液体中に沈んだ沈殿物や粉粒体の界面検知にご使用頂けます。
仕様
測定方式 マグネットバイアス式
接点出力 DTA-F型: a,c,b 200V 1A 100VA (無誘導負荷)/ オープンコレクタ / サイリスタ / SSR
STA-F型(PS-7型): a,c,b 200V 1A 100VA (無誘導負荷)
入力電源 DTA-F型: AC105V/210V 50/60Hz 又は DC24V
STA-F型(PS-7型): AC105V/210V 50/60Hz
消費電力 DTA-F型: 3W
STA-F型: 4W
許容温度 検出器: -25℃~+350℃ (仕様により異なる)
変換器: PS-19F型: -10℃~+50℃
変換器: TR-7F型:   -25℃~+70℃
電源:  PS-7型:  -10℃~+50℃
専用ケーブル: RG型(標準型):   -10℃~+60℃
専用ケーブル: TEF型(耐熱型): -200℃~+260℃
許容圧力 検出器: 1MPa (10kg/cm2G) (仕様により異なる)
重量 変換器: PS-19F型: 2.0kg
変換器: TR-7F型:   1.75kg
電源:  PS-7型:  2.0kg
寸法 変換器: PS-19F型: 154(W)×95(D)×166(H)
変換器: TR-7F型:   154(W)×95(D)×166(H)
電源:  PS-7型:  80(W)×101(D)×210(H) (mm)
取付方法 検出器: フランジ取付 ネジ取付 ヘルール IDF 等
材質 検出器: SUS304 SUS316 SUS310 SUS321 SUS329 ハステロイ 等
ライニング: PTFE ゴム 等
ケース: 軽合金メラミン樹脂系焼付塗装N7 SUS304 耐塩塗装ケース 等
製品構成

DTA-F-1型(非防爆型)
<変換器内蔵型>

検出器に変換器(電源)が内蔵された非防爆のコンパクトタイプです。

製品構成

DTA-F-2型(非防爆型)
<変換器分離型>

熱、蒸気、振動、粉塵、ガス等の雰囲気から変換器(電源)を離した非防爆の分離タイプです。変換器内蔵型と同等の性能を持ちます。

製品構成

STA-F-1型(本質安全防爆型/i3nG5)
<変換器内蔵型>

変換器を内蔵した検出器と、電源バリア(PS-7型)で構成される本質安全防爆タイプです。 専用ケーブルが不要なため、危険場所と安全場所が遠距離でも影響を受けません。DTA-F型と同一特性を持ちます。

製品構成

STA-F-2型(本質安全防爆型/i3nG5)
<変換器分離型>

熱、蒸気、振動、粉塵、ガス等の雰囲気から変換器を離し、電源バリア(PS-7型)と組み合わせる本質安全防爆の分離タイプです。 DTA-F型と同一特性を持ち、変換器内蔵型と同等の性能を持ちます。

製品一覧