用語辞典

ここでは当WEBサイト内に登場する用語について簡易なご説明をいたします。

あ 行

アイソレータ

読み あいそれーた
信号絶縁器。

亜鉛

読み あえん
Zn。亜鉛族の一つ。電極、めっきの材料になる。

圧電素子

読み あつでんそし
加えられた力を電圧に変換、あるいは与えた電圧を力に変換する素子。

圧密荷重

読み あつみつかじゅう
振動などにより時間の経過で物質の密度が上昇した時の荷重。

アミンコ

読み あみんこ
AMICO 超高圧仕様の継手。

アルミナ

読み あるみな
酸化アルミニウム 硬度が高く研磨剤の材料として使用されたり、融点が高いことを生かして耐火材としても使われる。また、セラミックの材料にも使われる。

アルミニウム

読み あるみにうむ
柔らかく軽い金属。良導体。軽合金の材料とし使われ、用途は幅広い。

泡面計

読み あわめんけい
泡の表面(高さ)を検出し出力する機器。

アンカーボルト

読み あんかーぼると
柱・土台や設備機器を取りつけるために、コンクリートに埋め込んでおくボルト。

安全保持器(バリア)

読み あんぜんほじき
本案回路からのエネルギーにより可燃物に引火しないように制限するもの。安全防爆に必要なもの。

位相

読み いそう
あらかじめ規定した位置からみた繰返し波形の1サイクルを基準とする相対位置(JIS用語)

インダクタンス

読み いんだくたんす
電圧と電流変化率との比。

インピーダンス

読み いんぴーだんす
電気回路における電流と電圧の比率。

インピーダンス式

読み いんぴーだんすしき
静電容量と電導度の総和として検出する方法。

インピーダンスブリッジ

読み いんぴーだんすぶりっじ
ブリッジ上の交流回路で回路素子のL・C・R成分を測定するもの。

インロー

読み いんろー
接続するものに凹凸をつけることによって、取付を正確にする方法。

渦電流

読み うずでんりゅう
導体にかかる磁場が変化した時、電磁誘導によって導体中に流れる渦状の電流。

エアパージ

読み えあぱーじ
空気を出すこと。

液絡

読み えきらく
測定対象の液体と電気的に接続すること。

Sic

読み えすあいしー
炭化ケイ素(シリコンカーバイド) ケイ素(Si)と炭素(C)で構成される化合物。耐熱性、耐久性に優れ半導体の材料になる。

SSR

読み えすえすあーる
ソリッドステートリレー。可動部のない無接点リレー 高速で接触不良がなくノイズが小さい。

FRP

読み えふあーるぴー
プラスチックに繊維を加えて補強することで、軽くて高強度な性質を持つプラスチック。

エマルション

読み えまるしょん
エマルジョンは同義語。互いに混ざらない二種類の液体の一方が微粒子となって分散している様。

エレメント

読み えれめんと
要素、成分。

円盤状主電極

読み えんばんじょうしゅでんきょく
主にステンレスを用いた円盤状の電極。

塩ビ

読み えんび
塩化ビニール。

帯鋸

読み おびのこ
薄い帯状ののこぎりを環状につないだもの。

オープンコレクタ

読み おーぷんこれくた
電子回路の出力方式のひとつ。

Ω

読み おーむ
抵抗の単位。

か 行

界面計

読み かいめんけい
二種類の物質の境界面を検出し出力するレベル計。

活性汚泥

読み かっせいおでい
下水、排水を処理する微生物を培養した有機汚泥。

カドミウム

読み かどみうむ
亜鉛族に属する元素。

可変コンデンサ(バリコン)

読み かへんこんでんさ(ばりこん)
電極の一方を他方に対して動かすことにより、向かい合った面積あるいは距離を変化させ、静電容量を加減することのできるコンデンサ。

カルシウム

読み かるしうむ
アルカリ土類金属の一つ。

気相法

読み きそうほう
化学気相成長法。化学反応によって薄膜を蒸着させる方法。

境界面自動平衡式

読み きょうかいめんじどうへいこうしき
二種類の物資の境界面をサーボモーターにより上下させ常に境界面に追従する方式のレベル計。

共振

読み きょうしん
交流回路において、誘導性リアクタンスと容量性リアクタンスが等しくなり、 リアクタンスがなくなったようになる状態をいう。直列と並列がある。

読み きん
材質貴金属の一種。耐食性、伝導性、低い電気抵抗等の性質によりさまざまな工業製品に使用されている。

掘削タンク

読み くっさくたんく
トンネルの工法。シールド工法が主体。

駆動検出機構

読み くどうけんしゅつきこう
振動式の機構。

グラファイト

読み ぐらふぁいと
材質炭素からなる元素鉱物。良伝導体。

ケイ素

読み けいそ
原子番号14 元素記号Si。シリコン。半導体の原料のほとんどを占める。

ゲルマニウム

読み げるまにうむ
炭素族金属の一つで半導体の原料。

検出器

読み けんしゅつき
主電極、ハウジング、ヘッドケースまで含めたものを当社では検出器としています。 センサーアッセンブリと近い意味合いです。また測定物に触れるフランジまでの主電極とハウジング部分を検出部としています。

コイル駆動

読み こいるくどう
コイルで磁力を発生し磁石を動かす方法。

高電導度粘着体

読み こうでんどうどねんちゃくたい
電気を通しやすく粘りのある物質。

固有抵抗

読み こゆうていこう
単位長さ、単位面積での抵抗率をいう。

混合槽

読み こんごうそう
混ぜる容器。

コンダクタンス

読み こんだくたんす
電流の流れやすさ。

さ 行

差圧式

読み さあつしき
基準面にかかる圧力が液面の高さに比例することから、この圧力を測定して液位を検出すること。

サイリスタ

読み さいりすた
pnpn接合の4層構造半導体素子のことで、SCRと呼ばれる逆素子三端子サイリスタ。シリコン制御整流素子。

SUS304

読み さすさんまるよん
18クロムステンレス。一般的に幅広く使用される耐熱鋼種。

SUS310

読み さすさんいちまる
耐熱性や耐酸化性があるステンレス。

SUS316

読み さすさんいちろく
SUS304にニッケルの割合を増やし、モリブデンを添加した鋼種。SUS304に比べ、耐酸性・耐孔食性がある。

SUS316L

読み さすさんいちろくえる
SUS316より炭素の量が少なく加工しやすい。

SUS321

読み さすさんにいいち
SUS304にチタンを添加し耐粒界腐食性を高めたもの。

SUS329

読み さすさんにいきゅう
二つの金属組織を持ち、耐海水性、耐応力腐食割れ性に優れ、強度も高いステンレス。

サニタリー

読み さにたりー
ホコリ、ごみ等がたまらないように衛生的に加工された、製薬、食品等関連の工場施設や配管、ポンプ等の機械類をさす。

三角せき

読み さんかくせき
水などの流量を計る せき で流れる溝がV形のもの。

残留インダクタンス

読み ざんりゅういんだくたんす
配線はすべてインダクタンスを持っていて完全にゼロにならない残りのインダクタンス。

サージ電圧

読み さーじでんあつ
雷のような、短い時間で激しく変動する電圧のこと。

サージ電流

読み さーじでんりゅう
短い時間に流れる大きな電流のこと。

サーボメカニズム

読み さーぼめかにずむ
サーボモーター駆動による自動制御機構。

四角せき

読み しかくせき
水等の流量を計る せき で切欠きが四角のもの。

閾値

読み しきいち
伝送器を検知器として使用する場合の設定値を当社では閾値と読んでいます。一般には反応をおこさせるのに必要な最小の刺激の値。

絞り板

読み しぼりいた
開口部を調節する板。

重合

読み じゅうごう
低分子化合物が2個以上化学的に結合して高分子化合物をつくること。

重合体(ポリマー)

読み じゅうごうたい
単量体が重合反応によって生成した物質。

重合反応

読み じゅうごうはんのう
単量体(モノマー)分子が2個以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成する反応。

摺動部

読み しゅうどうぶ
機械の装置などをすべらせながら動かす構造物。

樹脂ペレット

読み じゅしぺれっと
プラスチック原料の粒体。

純静電容量式

読み じゅんせいでんようりょうしき
静電容量のみ検知し抵抗は無視する方式。

人感検知器

読み じんかんけんちき
人体の接近を検知する機器。

振動方式

読み しんどうほうしき
センサーによる測定方法でセンサーをある周波数で振動させ被測定物による物理的拘束力の増減を検知する方式や周波数の変化を検知するものがある。

樹脂ペレット

読み じゅしぺれっと
プラスチック原料の粒体。

シール

読み しーる
流体の漏れを止める構造物。

シールドマシン

読み しーるどましん
トンネル掘削機械。

水銀

読み すいぎん
亜鉛族金属の一つ。常温常圧で液体の金属。

スイッチ素子

読み すいっちそし
電流や電圧を制御信号によりオン・オフする素子のこと。

読み すず
炭素族元素の一つ。めっきやはんだに使われる。

スプリングスケール

読み すぷりんぐすけーる
ばねばかり。

スラリー

読み すらりー
粘土を含む濁り水のようなもの。液体中に個体の微粒子が浮遊してる液体。

スリップオン

読み すりっぷおん
着脱が楽なフランジ面の一種。

静電容量式

読み せいでんようりょうしき
各種回路により静電容量の増減を検出する方式。

静電容量補償式

読み せいでんようりょうほしょうしき
誘電率の変動を補正する方式。

石英ガラス

読み せきえいがらす
石英を溶融擬固して得られたガラス。透明度が高く、高温に耐え、強い。

セシウム

読み せしうむ
アルカリ金属の一つ。水と良く反応する。核分裂によって生じるセシウムは人体に有害。

絶縁破壊

読み ぜつえんはかい
絶縁物が電圧を加えられ、ある限度を超えると絶縁性を失い急激な電流が流れること。

セラミック

読み せらみっく
非金属や無機物を高温で焼成して製造したもの。

旋回流

読み せんかいりゅう
流体が進行方向にむいて回転しながら流れること。

先端荷重

読み せんたんかじゅう
梁や棒の先端での荷重。

測定レンジ

読み そくていれんじ
測定範囲のことで切替できる場合もある。

た 行

耐圧

読み たいあつ
圧力が加わっても構造的に性能の低下がないこと。

耐圧防爆構造

読み たいあつぼうばくこうぞう
全閉構造で内容内部で爆発性ガスの爆発が起こった場合に、容器がその圧力に耐え、外部の爆発性ガスに引火する恐れのないように設計し公的機関に認定された構造。

対数則

読み たいすうそく
たとえばyはxの対数に比例、または逆比例する関係式を対数法則、対数則と言う。

大地ガード式

読み だいちがーどしき
測定上無効となる構造をガードという。大地又はフローティングの場合もある。

帯電

読み たいでん
物体が電荷を帯びること。

ダイヤル分解能

読み だいやるぶんかいのう
ダイヤル目盛により識別又は測定できる能力。

タングステン

読み たんぐすてん
融点が高く、電気抵抗が比較的に高い金属。

端子箱

読み たんしばこ
電線接続の管理、保護するもの。

タンタル

読み たんたる
耐食性があり、耐酸化性が強い金属。展性、延性に富み加工しやすい。

短絡

読み たんらく
ショートの同義語。

単量体(モノマー)

読み たんりょうたい
重合体を構成する単位の分子。

チタン

読み ちたん
常温において耐食性に優れており、鋼鉄以上に強度がある金属。また、塑性にも優れているので金属疲労が起こりにくい。

直線性

読み ちょくせんせい
理想的な直線にズレが生じるその範囲。

直列共振発信回路

読み ちょくれつきょうしんはっしんかいろ
共振周波数においてインピーダンスが0に近くなる特長をもつ電気回路。

ツェナーバリア

読み つぇなーばりあ
事故等による危険場所への過電圧、過電流を制御し、安全性を保つもの。

電解質溶液

読み でんかいしつようえき
イオン溶液とも呼ばれ電気を良く通す。一般に水に溶けている場合が多い。

電気特性

読み でんきとくせい
電気によって受ける影響の度合い。

電極許容コンダクタンス

読み でんきょくきょようこんだくたんす
アンプにより制限される電極のコンダクタンス。

電極許容分布容量

読み でんきょくきょようぶんぷようりょう
分布容量は通常Csで表記される。又Coは有効容量、Csは無効容量とも言われる。ちなみに電極容量CはCo+Cs アンプにより制限される電極容量。

電磁誘導

読み でんじゆうどう
磁束が変動する際、導体に電位が変動する現象。あるいは導体に電流を流した際、その導体周囲に磁界が発生する現象。

テンション

読み てんしょん
張力、張り。

電歪式

読み でんわいしき
誘導体に電界を加え、機械的な歪を発生させる方式。

透過光量式

読み とうかこうりょうしき
透明フィルムを透過した光を受光素子で検出する方式。

導電性

読み どうでんせい
電気を通す性質。

ドップラー効果

読み どっぷらーこうか
波源が近づいて来る時は波長が短くなり、離れるときは長くなる現象。

ドレン管

読み どれんかん
結露水や汚水を排水する管。

な 行

内面光輝研磨

読み ないめんこうきけんま
ステンレス容器などの内面をバフ研磨、電解研磨等により高輝度に仕上げる事。

ナトリウム

読み なとりうむ
アルカリ金属の一つ。空気や水と反応する。

読み なまり
金属元素の一つ。加工が容易。

ニッケル

読み にっける
耐食性、耐熱性に優れる金属。合金、メッキなどに使われる。

は 行

バーシャルフリューム

読み ばーしゃるふりゅーむ
水路の途中をしぼって流量を測定する方法。

パイプライン

読み ぱいぷらいん
石油や天然ガスなどを輸送するための管路。

パイレックス

読み ぱいれっくす
耐熱性のあるガラス。急冷却、急加熱にも耐えるので実験器材としても使用される。

ハウジング

読み はうじんぐ
当社製品では主電極と絶縁された検出器の外周部を指します。一般には機械や装置をおおう箱のこと。

パウダー

読み ぱうだー
細かい粒子状のもの。

ハステロイ

読み はすてろい
ニッケル合金の一種。耐熱、耐食性にすぐれている。

白金

読み はっきん
化学的に極めて安定しており酸化されにくく融点が高い金属。また、触媒としての高い活性を持っている。

バックラッシュ

読み ばっくらっしゅ
コンデンサの回転子を時計方向に回転した場合と反時計方向に回転した場合、同一回転角度において静電容量値に差が見られること。

バフ

読み ばふ
布、またはその他の材料で作られた研磨輪。

バリウム

読み ばりうむ
白色で、水、酸、アルカリに溶けない。X線造影剤に使われる。

パルス

読み ぱるす
極めて短い時間に流れる電流、電波。

汎用型

読み はんようがた
色々な事に広く用いられること。

pF

読み ぴこふぁらど
(p=10の12乗分の1)静電容量の単位。

ビスコース

読み びすこーす
レーヨンやセロファンの原料。

ヒステリシス

読み ひすてりしす
印加された入力値の方向性によって出力値が異なる機器特性。

ビスマス

読み びすます
窒素族元素の一つ。電気伝導性、熱電導性は小さい。融点が低いので易融合金の材料になる。

歪ゲージ

読み ひずみげーじ
金属の電気抵抗の変化から歪みを検出するセンサ。

比誘電率

読み ひゆうでんりつ
物質の誘電率εと真空の誘電率ε0との比のこと。

PTFE

読み ぴーてぃーえふいー
フッ素樹脂。化学的に安定で耐熱性、強い腐食性をもつフッ化水素酸にも溶けない 4フッ化エチレン、ポリテトラフロロエチレンの略。

輻射器

読み ふくしゃき
アンテナの一部で、給電する部品。

フランジ

読み ふらんじ
検出器とタンクを結合する取合。一般には配管継手のこと。

ブリッジ

読み ぶりっじ
粉体の一部が固くしまって橋を架けたようになり、その下が空洞となる現象。

ブリッジ回路

読み ぶりっじかいろ
4つの素子を接続した電気抵抗の値を測定する電気回路。

フレコン

読み ふれこん
フレキシブルコンテナバック。粉粒体を輸送、保管する為の袋。

ブロー(ブリーズ)

読み ぶろー
空気、窒素などのガスを吹き付ける事。

フロート

読み ふろーと
浮き。油膜検知器で使用しています。

フロート式

読み ふろーとしき
浮き子の上下によって接点を切り替える方式。

プローブ

読み ぷろーぶ
探針。測定対象に近づけて特性を計測する検出器の一部を構成する部品。

プロセスオンライン

読み ぷろせすおんらいん
製造ラインにおいて機器などが物理的に接続された状態。

平均処理回路

読み へいきんしょりかいろ
電気信号を平均化する回路。

ヘルール

読み へるーる
継手部分が平坦になるようにした配管継手で衛生上重要な用途に使う。

ペレット

読み ぺれっと
家畜飼料やプラスチックの成形材料など、小球、円柱形に固めた物。

変換器

読み へんかんき
信号を使用しやすい別信号に換える装置。

ペースト

読み ぺーすと
すりつぶした食品や糊状のもの。又はデータの貼り付け。

防爆構造

読み ぼうばくこうぞう
危険雰囲気下における使用に対して安全に取扱作業が出来る様に設計し、かつ公的機関の検定に合格し、認定された機器。

保護電極(ガード電極)

読み ほごでんきょく(がーどでんきょく)
電極表面の付着・蓄積による誤発信を防ぐために検出電極、設置電極との間に設ける第3の電極。ガード式レベルスイッチ、ガード式レベル計で使用しています。

補償電極

読み ほしょうでんきょく
純レベル信号を得るために設置する比誘電率計の検出器。比誘電率補正式レベル計で使用しています。

補助較正機器

読み ほじょこうせいきき
レベル計等の較正をする機器。

補正用編組線

読み ほせいようへんそせん
補正回路で使用する網状の線。

ホッパー

読み ほっぱー
物質を一時保管するための容器。

ポテンショメーター

読み ぽてんしょめーたー
回転角に比例した抵抗値を示す可変抵抗器の精密級なもの。

ポリカーボネイト

読み ぽりかーぼねいと
熱可塑性樹脂の一つ。透明で耐熱、耐寒、耐衝撃性に優れる。ヘルメットにも使用される。

本質安全防爆型

読み ほんしつあんぜんぼうばくがた
電気火花、又は、高温部により爆発性ガスに点火しないことが、公的機関において試験その他によって確認された構造。

ま 行

マイクロ波

読み まいくろは
波長は1~10㎝。主にTV、電話、衛星通信などに用いられる。

マグネシウム

読み まぐねしうむ
元素記号Mg。金属元素の一つ。還元剤や軽合金に用いられる。

マグネットバイアス式

読み まぐねっとばいあすしき
磁気駆動によって振動板を発振させる方式。

マンガン

読み まんがん
元素記号Mn。金属元素の一つ。鉄より固く、もろい。

見掛比重

読み みかけひじゅう
重量÷体積。

見掛誘電率

読み みかけゆうでんりつ
同一の物質であっても形状すなわち密度により誘電率が違うこと。

無誘導負荷

読み むゆうどうふか
ランプ負荷や抵抗負荷でインダクタンスを含まない負荷。

迷容量

読み めいようりょう
分布容量Cs、又は無効容量とも言われる。

Mpa

読み めがぱすかる
圧力の単位。

模擬容量

読み もぎようりょう
被測定物で得られる静電容量値と等価の可変コンデンサ、又は固定コンデンサ。

モリブデン

読み もりぶでん
クロム属の金属元素。高融点、高硬度で添加剤として利用されたり、触媒に用いられる。

や 行

誘電体損失

読み ゆうでんたいそんしつ
与えた電圧の一部が熱などに散逸してしまうこと。

誘電率

読み ゆうでんりつ
誘電分極の大小を表す値。誘電率が大きいと多くの電荷をためることができる。

誘導体

読み ゆうどうたい
ある化合物の一部を置換、化学反応により分子の小部分を変化させた化合物。

溶融塩

読み ようゆうえん
溶融した塩。

溶融ガラス

読み ようゆうがらす
液体化したガラス。

溶融金属

読み ようゆうきんぞく
高温で液化した金属。溶融金属用レベルスイッチ・レベル計で測定できます。

ら 行

ライニング

読み らいにんぐ
金属の表面を腐食、摩耗から守るために他の物質を被覆すること。

ラットホール

読み らっとほーる
ホッパー内で粉体が流動せずに縦にできる穴。

リアクタ

読み りあくた
化学反応を起こさせる装置。

リーク

読み りーく
漏れ。

リチウム

読み りちうむ
アルカリ金属の一つ。電池の材料。

良導体

読み りょうどうたい
熱や電気の伝導率が大きい物質。

リングジョイントフランジ

読み りんぐじょいんとふらんじ
接合面に溝を作りリングジョイントガスケットを入れ高温高圧に耐えるよう設計されたフランジ。

レベル計

読み れべるけい
物質のレベル(高さ)を連続的に測定する機器。
以前は「レベルスイッチ」と「レベル伝送器」を含めて「レベル計」と呼ばれることが一般的でしたが、現在はレベル伝送器の類義語的な意味合いで使われることが多く、また「連続式レベル伝送器」よりよく用いられる名称。

レベルスイッチ

読み れべるすいっち
物質のレベル(高さ)を検知する機器。

レベルセンサ

読み れべるせんさ
「レベルスイッチ」と「レベル計」を両方含めた意味合いで日本ではよく使用される名称。

レンズジョイントフランジ

読み れんずじょいんとふらんじ
レンズ型のガスケットを挟む設計のフランジ。

わ 行

ワイドレンジ

読み わいどれんじ
測定域が広い。

ワイヤー電極

読み わいやーでんきょく
ワイヤを電極としたもの。

輪状電極

読み わじょうでんきょく
主にステンレスなどを用いたリング状の電極。

製品一覧