製品名

塊検知器較正機器
スプリングスケール

型式

LD-S型

概要

本器は塊検知器の補助機器として使用する 塊検知器較正機器スプリングスケール です。 タンク上部とプローブ間に本器を取付けて引張った際の目盛表示を基に塊検知器を較正します。

塊検知器 ページはこちら。

塊検知器補正機器ポテンショメータユニット ページはこちら。

取付
    1. ターンバックルの上部フックにスプリングスケールを掛け、スプリングスケールの上端をワイヤロープで上方に吊り上げます。

    2. プローブ先端10mmの位置にターンバックルの下端フックを掛け滑らないよう粘着テープ等で固定します。

使用
方法
    1. プローブが自由の状態でスプリングスケールのゼロキーを押しリセットします。

    2. ターンバックルを締めて荷重を設定します。 ターンバックルのストロークが短いことから、吊りワイヤの撓みを調整します。

    3. 一方方向からの荷重になる為、センサのフランジ部を90度ずつ回転させて荷重を受ける方向にセットし、 所定の荷重になるようターンバックルのアジャストメントにて調整します。

製品一覧